虚偽申請による不許可体験談

 妻の働いていた店で私たちは知り合いました。

私は妻を一目見た時から、かわいい女性だと妻に心を惹かれました。妻はどちらかと言えばおとなしい性格で、私から積極的に話しかけました。時間が経つうちに妻は徐々に心を開き、笑顔を見せてくれるようになりました。

何度かお店に通ううち、私はお店以外でも妻と会ってみたいと思うようになり、少しだけ会って欲しいと妻に伝えました。妻は1日数時間しかない限られた自由時間の中で、厳しい寮の管理人から30分間だけ外出許可を得て、寮の近くの喫茶店へ来てくれました。妻が無理をして会いに来てくれたことを心から嬉しく思いました。妻への気持ちは日に日に増し、好きになっていきました。

在留期限が到来し、妻は帰国しました。私は空港まで見送りに行きました。私たちは離れ離れになっても連絡を取り合い、私ができるだけ妻に会いに行くことを約束しました。

妻の帰国後は手紙や電話で連絡を取り合いました。私たちは離れ離れになり、改めてお互いの大切さを実感しました。手紙や電話での交際の過程で、私たちはお互いに結婚したいと願うようになりました。

妻の帰国から半年後、私は初めて妻の生まれた国を訪れました。私たちは久々の再会を心から喜びました。そのときに正式にプロポーズをし、指輪を渡しました。

その後も数回、妻のもとを訪れ、結婚の手続きや挙式について具体的なスケジュールを話し合いました。
そのときに妻から重大な告白をされました。いままで妻は姉の旅券で日本へ入国していたというのです。私は正直、ショックでした。彼女が他人のパスポートで不法入国を繰り返していたことも許せませんでしたが、いままでそんな大事なことを私に打ち明けずに独りで苦しんでいたことが、わたしを悲しい気持ちにさせました。

もうすぐ夕暮れだというのに、日差しは強く、暑さとショックで気が遠くなりそうでした。それでも私たちは、公園のベンチで長い時間、話し合いました。

なぜそんなことをしてまで日本にこなければならなかったのか、どうしてもっと早く打ち明けてくれなかったのか・・・

そして、再度二人の気持ちを確かめ合い、どんなに時間がかかっても、きちんとした手続きをして、夫婦になろうと誓い合いました。

婚姻した私たちはできるだけ早く日本で生活をしたいと思い、認定証明書交付申請の準備を進めてきましたが、私の勤務が多忙を極め、会社を休むことができず、また申請して不交付になったらどうしようという不安から、申請できずに数ヶ月が経過してしまいました。私は激務による疲労と精神的憔悴が限度に達していました。

そんな時に妻が現地の友人から、「短期滞在で申請すれば手続きも現地でできて早期に来日できる」という話を聞いてきました。私たちは藁にもすがる思いで、現地の日本領事館にこれまでの経緯を説明し、無事短期滞在のビザを発行していただきました。

しかし、空港の入国審査の際、「過去に他人の旅券で入国しており、今回所持している旅券が本人のものであるか信憑性が低く、短期滞在査証での入国は許可できない。結婚しているのだから、在留資格認定申請を行って入国するように。」と言われました。そして、退去命令処分を受け、翌日の朝、帰国することとなりました。せっかくビザが出たのに入国できないなんて。

ですが私は気を取り直し、入国管理局へ在留資格認定証明書交付申請を行いました。が、残念ながら不交付処分となりました。不交付理由は入国管理局が把握している妻の入国記録と、申請書に記載されている過去の経緯の説明の内容が一致していないとのことでした。

もう限界でした。私一人の力では、どうすることもできない、どうすればいいかわからない。

そんな時、みなと国際事務所を知りました。遠方ではあったけど、新幹線に乗って横浜を訪れ、話を聞いていただきました。

依頼してからも大変でした。いろいろな資料を集めるように指示され、先生から預った質問書を持って、妻に会いにも行きました。先生やスタッフの方とも何度も打ち合わせをしました。

そして出来上がった資料は、膨大な量でした。とても自分ひとりでは、作成できなかったし、途方も無い時間がかかっていたと思います。

これまであんなに苦労したのに、今回は、先生が入国管理局に申請書を提出してからわずか2ヶ月で、在留資格認定証明書が交付されました。連絡を受けたとき、あまりの速さにあっけにとられ、お礼を言いそびれてしまいました。


行政書士の方に依頼したときは正直、不安でした。いろいろな事務所に相談に行きましたが、「本当に大丈夫だろうか」いつもそんな気持ちを抱いていました。

みなと国際事務所に相談したとき、対応された先生は、安易に「大丈夫ですよ」とは言ってくれませんでした。そのかわり、「法を犯すことなく、正しい手続きをしましょう」、そして「一緒にがんばりましょう」と笑顔で応えてくれました。

本当にありがとうございました。

他にも

女性 偽名のパスポートで入国中に日本人と結婚。

一時帰国の際に、本国の空港で偽名旅券が判明、旅券没収。

家庭裁判所の手続きを経て、在留資格認定証明書交付申請

  

女性 偽造パスポートでの入国歴6回(興行)
日本人と婚姻後、在留資格認定証明書不交付処分
当事務所での申請回数1回


女性 留学の在留資格で滞在中、日本人と婚姻。
在留資格変更申請不許可処分(理由:資格外活動「風俗店勤務」)
当事務所での申請回数2回

女性 日本人と婚姻、在留資格認定証明書不交付処分。
(理由:過去の査証申請に虚偽申請があったため)
当事務所での申請回数1回


女性 日本人と婚姻、在留資格認定証明書交付の交付を受け日本到着。
上陸審査で上陸拒否者であることが判明し退去命令。
(理由:不法入国歴あり)
当事務所で上陸特別許可手続きへ移行


女性 日本人と婚姻、日本人の配偶者等の在留資格で滞在中。
過去に偽名の旅券を使用して入国、自主出頭。
当事務所で在留資格取り消し及び退去強制手続き(在留特別許可)へ移行。


メモ: * は入力必須項目です


ホームページからも予約ができます

クービック予約システムから予約する

  ご相談・ご依頼は

 

 面談相談 平日は20時まで、土曜日も対応できます

 私どもは、必ずお客様とお会いし、お話をお伺いしてから受任いたします。 

 ご依頼の際にはお手数ですが、ご予約の上、事務所までお越しください

 

 名 称 ◆ 行政書士みなと国際事務所

 代表者 ◆ 行政書士 宮本哲也

 所在地 ◆ 〒231-0004 横浜市中区元浜町3丁目21番地2 ヘリオス関内ビル7F

 電 話 ◆ 045-222-8533 (月-金 10:00~18:00)    

 FAX ◆ 045-222-8547 (24時間受付)

 営業時間 ◆ 月~金 10:00~18:00   


スカイプを利用した面談相談

 遠方の方のために、スカイプを利用した面談相談を行います。

カメラ・マイクを利用できる環境をご用意ください

 

スカイプの設定は、こちらを参照してください。

https://www.skype.com/ja/download-skype/skype-for-computer/

 

スカイプによる面談相談も、通常の面談相談と同様に相談料は1時間5,400円、事前にご予約をお願いします。

 

ご予約の際には、お名前、連絡先(電話番号)、スカイプ名とご相談の内容をお知らせください。

 

スカイプ名の確認ミスを防ぐため、できるだけご予約はメールまたはWEBの予約画面からお願いします。

 

ご予約の手順

 

1 メールまたはWEBサイトから相談のご予約をお願いします。

 ・スカイプを利用した相談であることを明記してください

 ・お客様のお名前、連絡先、スカイプ名をお知らせください。弊事務所からSKYPEの連絡先登録を行います。

    お客様のもとに弊事務所から「連絡先を追加させてください」というメッセージが届きますので、承認をしてください。

 ・相談料は事前にお支払いをお願いします。 

  WEBサイトからのご予約の場合はクレジットカードで決済が可能です。

  メールでご予約の場合は、相談料の振込先をお知らせしますので、相談日までにお振り込みをお願いします。

 

2 ご予約の日時になりましたら、ビデオ通話にて、呼び出しをお願いします。

 ・文字チャットでの相談はできません。

 ・カメラ機能が使用できない場合、身分証明書のコピーを送付をお願いする場合があります。

 ・説明資料は、スカイプを利用してお送りいたしますが、携帯電話をご利用の場合などは、別途メールアドレスやFAX番号をお伝えいただければ、そちらに資料を送付いたします。

 ・相談の結果、ご依頼いただく場合には、ご依頼者様の本人確認が必要です。遠方の方のご依頼の場合は、本人確認の方法について、別途お知らせいたします。

 

※ ご予約のない方の相談には、対応できません。お手数ですが、事前にご予約をお願いします。

 (平日は予約の3時間前までに、土曜日の相談は、前営業日の18時までにお願いします)